【エスコート】女性を喜ばせるワンランク上のエスコートで他の男性と差をつけよう!

このページでは女性を喜ばせるワンランク上のエスコートの仕方についてお話していきます。

エスコートに関しては様々な定義がありますが、今回は「女性のことを考え優先して丁重に扱う」ということにフォーカスしています。

あなたは日頃から女性を上手くエスコート出来ていると自信を持って言えるでしょうか?

いつの時代も女性を上手くエスコート出来る男性はやはりモテます。

多くの女性は、「男性にリードされたい」「女性らしく扱って欲しい」という思いを抱いているからです。

しかし、女性をエスコートすることが苦手だったり、何をすればいいのか分からないという男性は意外と多いです。

女性のエスコートが上手く出来るかは他の男性と差を付ける大きなポイントでもあります。

ここが出来る男性は女性からの評価がグッと上がるので、ぜひスマートなエスコートの仕方を身につけておきましょう。

重い荷物を持ってあげる

基本的なことですが、女性と出会った瞬間に出来るエスコートです。

女性が重そうな荷物を持っている場合は男性が代わりに持ってあげましょう。

そして、ここでのポイントは提案の仕方です。

「持ちましょうか?」と女性側に判断を任せる聞き方だと、大抵の女性が遠慮して断ってしまうことがあります。

なので、モテる男性は「持ちましょうか?」ではなく「持ちますよ」と伝えます。

この方が荷物を持つことに対して男性が積極的なことが伝わりますので、女性側としては頼みやすくなりますし、頼りがいの演出にも繋がります。

もちろん、もし何らかの理由があって女性が自分で持ちたい場合は断ることも出来ます。

女性に気を遣わせないようにすることもスマートなエスコートには欠かせません。

道路で車道側を歩く

2人で歩道などを歩く時は男性が車道側を歩いてあげましょう。

万が一の危険から女性を護るためですね。

ここでのポイントとしては、あえて最初だけ男性が歩道側で歩き始めること。

どういうことかというと、最初男性が歩道側で歩き始めた後にさりげなく入れ替わるのです。

こうすることで女性はエスコートされていると実感出来ますし、入れ替わる時に自然に女性の肩に触れて入れ替わることが出来るのでスキンシップにもなります。

ドアを開けて先に通してあげる

お店などでドアがあった時は男性がドアを開けて先に女性を通してあげましょう。

これも女性は視覚的に大切にされていると感じやすいポイントです。

またポイントは女性だけではなく、その後で通ろうとしている他の方への配慮も重要です。

すぐ後ろに人が続いて通ろうとしているのであれば、相手がドアに手をかけるまで開けた状態のドアを押さえておいてあげましょう。

女性は第三者への気遣いもよく見ています。

気持ちはドアマンです。

エレベーターの乗り方

エレベーターの乗り降りの際もドアの場合と同じで、男性がエレベーターのドアを押さえてあげて女性を先に載せてあげましょう。

降りる時も男性がドアを押さえてあげて女性を先に下ろしてあげます。

もちろん一緒のエレベーターに他の方が乗っていた場合、その方達への配慮も忘れずに。

エスカレーターの乗り方

意外と知られていないのがエレベーターでのエスコートの仕方です。

エスカレーターのポイントは、万が一女性が体勢を崩した時に男性が支えられる位置にいることです。

昇りの場合は女性を先に誘導して、男性が後から続きましょう。

降りの場合は男性が先に行き、後から女性に乗ってきてもらいます。

飲食店などでの座席の位置

基本的に女性を奥側に誘導し、男性は手前側に座りましょう。

これは一般的に奥の席が、自分より目上の人や大切な人が座るとされる「上座」という意味合いもあるですが、店員さんが料理や飲み物を運んで来た際に、万が一こぼしたりして女性の服が汚れてしまったり、火傷などの危険から護る意味合いもあります。

ただし、例外的に景色が綺麗なレストランなどの場合で、手前側の方が景色が見やすいのであればそちらに女性を座らせてあげましょう。

その際は一言「こっちの方が景色が綺麗だからどうぞ」と添えるのがスマートです。

最後に

特にデートなどでは女性を上手くエスコートしたいですよね。

ただいきなりデート本番でやろうと思っても、上手く出来なかったり、どこかぎこちなかったりしてしまいます。

エスコートで大事なのは日頃からの習慣付けです。

最初は同僚や友達に対してでいいので、意識的に行うようにしましょう。

日頃から繰り返し行っている内に無意識で出来るようになります。

ぜひあなたも上手に女性をエスコートして、女性との距離をグッと縮めて下さいね。


IDで登録する場合は「@otz8835g」で友だち追加をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。