【スキンシップ】女性との距離をグッと縮めるおすすめの段階式スキンシップ

女性との距離を縮めるために避けては通れないのがスキンシップです。

ただスキンシップと言っても闇雲に相手に触れればいいというものではありません。

今の世の中、下手に異性に触れるとセクハラなどの問題になってしまうこともあります。

女性側の立場を考えると、まだよく知らない男性からいきなり手を繋がれたりしたら怖いだけですよね。

女性に不快感や恐怖を与えてしまえば、距離が縮まるどころか離れていってしまいます。

相手との距離感を測りながら適切なスキンシップを仕掛けていくことで女性をドキッっとさせたり、距離をグッと縮めることが出来るのです。

今回は効果的なスキンシップの仕方について学んでいきましょう。

スキンシップの2つのポイント

女性に対してのスキンシップですが、1つ目のポイントは下心が相手に伝わらないように行うことです。

あくまで会話の流れ、その場の状況などで自然に行っていきましょう。

女性は男性の下心に敏感です。

スキンシップがぎこちなかったり、ベタベタ腰回りを触ってきたり、抱きついてきたりしたら距離を取られてしまいます。

もちろん下心があってもいいのですが、露骨に出してしまうと女性に体目的だと思われてしまって警戒心を煽ることになってしまうので気をつけましょう。

そして2つ目のポイントはスキンシップは段階で行っていくということです。

いきなり抱きついたらまず間違いなく拒絶されてしまいますよね。

軽いスキンシップから始めて、段階を経て徐々に増やしていきましょう。

それではどんなスキンシップがあるのか?

まだ関係性が深くない女性に対してのおすすめのスキンシップを紹介していきます。

女性との距離をグッと縮めるおすすめのスキンシップ

スキンシップを行う場面はやはり2人きりになるデートでの場面が多くなると思います。

女性と関係性を深めるためには会話とスキンシップが必須なので、このブログではその両方を満たすために初デートに食事デートをおすすめしてきました。

特に食事デートでは距離がある対面の座席ではなく、スキンシップがしやすい横並びのカップルシートかL字方の座席がおすすめです。

スキンシップをするには前提として女性と物理的に近い距離にいることが必要です。

手を伸ばせば相手に届くというのが判断のポイントですね。

肩や膝、太ももが触れる

スキンシップに段階があることはお話しましたね。

まずは軽いスキンシップからです。

横並びで座った時などに自然と肩や膝が軽く当たることがあると思います。

「大したスキンシップにならない」と思う方もいるかもしれませんが、これも立派なスキンシップの1つです。

先程お話した横並びの席やL字の席を利用すれば、それだけでこのスキンシップを行うことが可能になります。

手でツッコミを入れる

会話が盛り上がって打ち解けてきたら、お互いにツッコミを入れる場面が出て来ると思います。

その時に言葉だけでツッコミを入れるのではなく、手で叩くというアクションも一緒にいれてみましょう。

この時強く叩き過ぎないように注意しましょうね。

相手の肩に軽く手を載せるイメージです。

話の中の例えで手を繋ぐ

会話の中で出た話題の流れでスキンシップをする方法もあります。

その時に使えるのが例え話。

「恋人と手を繋ぐ時にこういう繋ぎ方とこういう繋ぎ方なら〜」という例えを出しながら手を握り質問をすることでスムーズにスキンシップをとることが出来ます。

例え話はいくらでもキッカケを作ることが出来るので、事前に例え話をいくつか用意しておくといいでしょう。

管理人がよく使うのは浮気の境界線の例え話です。

・どこから浮気になるのか?

・その時の手の繋ぎ方によっては?

など相手の女性の価値観も知れる上に、例えで手を繋いでスキンシップにもなり、この後の布石にもなるので一石三鳥なのです。

手を繋ぐ

これは例えではなく、2人で手を繋ぐことです。

タイミング的には食事を終えてお店を出て移動する時が手を繋ぎやすいと思います。

「行こっか」と言って男性から自然に手を繋ぎましょう。

会話を通じて打ち解けて、ここまでのスキンシップを段階的に行っていけばスムーズに手を繋ぐことが出来るはずです。

手を繋ぐというのは1つの区切りでもあるので、初めての方は勇気がいるかもしれません。

ただし、一番もったいないのは行動を起こさないことなのです。

その女性と距離を縮めるために積極的に行動していきましょう。

女性とのスキンシップの距離感を見極める方法

どんなにフレンドリーな女性でも誰とでもスキンシップをとる訳ではありません。

好意を持っていない男性から触れられれば不快に思います。

しかし、不快に思っていたり嫌だと思っていても言葉で相手には伝えられない女性がほどんどです。

この場合、女性は行動で示します。

具体的には物理的に近づいていって距離を縮めた時に、女性が縮めた距離分だけ距離を空けるようであれば触れられたくないと思っている証拠です。

その場合は無理してスキンシップをするのではなく、もっと打ち解けてからもう一度アプローチをやり直しましょう。


IDで登録する場合は「@otz8835g」で友だち追加をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。