【待ち合わせ】2回目のデートで最も重要なのは待ち合わせ場面

デートを重ねる事でお互いに新しい発見がありますが、中には合わない部分が見えてくる事もあります。

しかし、初デートでお互いが楽しめたのであれば自然と2回目のデートを重ねる事になりますよね。

今回は2回目のデートにおけるポイントについてお話していきましょう。

2回目のデートをする頃には初デートに比べてお互いの事も分かってきて確実に距離が縮まっているはずです。

また相手の女性が2回目のデートに応じたという事は少なからず女性もあなたに好意を抱いているという事です。

絶対に振り出しには戻さない

まず2回目のデートの場所ですが、これはそこまで神経質になる必要はありません。

初デートでは食事デートをオススメしていましたが、2回目のデートともなればお互いの事も分かってきたと思うので、話題にあがった事柄や女性が喜びそうなデートスポットにしてあげましょう。

映画館、水族館、動物園、遊園地、美術館、ショッピング、ドライブ…世の中には様々なデートスポットがあります。

そのためにも初デートで女性が興味あるものをしっかりヒアリングしておく必要があります。

2回目のデートで最も注意しなければいけない事は「関係性を振り出しに戻してしまう事」です。

具体的に言うと

・初デートでは名前を呼び捨てにしていたのに「ちゃん付け」に戻してしまった

・初デートでは手を繋いでいたのに2回目のデートの待ち合わせの時点で手を繋げない

初デートから期間が空いてしまって2回目のデートの待ち合わせで初対面のような対応をしてしまったら、また一から関係性を築いていく事になってしまいます。

つまり初デートでの努力が無駄になってしまうのです。

女性側も戸惑ってしまうし、ある意味情けないとすら思う女性もいるでしょう。

これを繰り返しているといつまでも進展のないデートを何度も繰り返す事になりますので決して関係性を戻してはいけません。

2回目のデートは必ず初デートで築いてきた関係性からスタートしましょう。

女性はあなたに価値を感じている

中には「デートの待ち合わせでいきなり手を繋ぐのは勇気がいる」という人もいるかもしれません。

ですが、その場合は認識を改めましょう。

2回目のデートに応じている時点で少なからずその女性はあなたと一緒にいる事に価値を感じています。

女性があなたのために再び時間を作ったのです。

初デートであればまだ「様子見」という形でデートに応じる女性もいますが、嫌であれば2回目のデートには絶対に来ません。

進んで無駄な時間を過ごしたいと思う女性はいませんからね。

表面に出さなくてもあなたの事を男性として認識しているのであれば手を出して欲しいというのが本音です。

ここは遠慮が裏目に出てしまうので、多少強引でも行動しましょう。

そうすることでキスや体の関係を持つというようにステップを進めていけるのです。

2回目のデートのポイントをまとめると

・関係性を振り出しに戻さないために初デートの時の関係性からスタートする

・女があなたに価値を感じていると認識する

これができれば女性との距離もグッと縮まっているはずです。


IDで登録する場合は「@otz8835g」で友だち追加をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。