【既読無視】確実にLINEで既読無視をされてしまう7パターンとその理由

現代において必須のツールとなっているLINE。友人や家族とのやり取りはもちろん仕事でも採用している企業が多くなってきています。

LINEが使われる理由はリアルタイムで早いやり取りが出来ること。

特に一番の特徴であるのが送った文章を相手が読んだかどうかが分かる「既読」の機能でしょう。

しかし、これは便利な機能である一方で恋愛においては残酷な機能にもなりえます。

既読は付いているのに返信が来ない「既読無視(スルー)」。

この既読はしているのに返信が来ない状態に頭を悩ませている男性も多いと思います。

LINEは気軽にやり取りが出来るからこそ注意が必要なツールでもあります。特に恋愛においてはちょっとしたミスで取り返しがつかなくなってしまうこともあるのです。

このページではあなたが恋愛でミスをしないようにLINEのやり取りで確実に既読無視されてしまうパターンを紹介していきます。

気になっている相手に既読無視されないようにしっかり頭に入れておきましょう。

なぜ既読無視されるのか?

そもそもなぜ既読無視されるのでしょうか?

既読のマークが付くのは女性側も知っているはずなので、それでもなお返信しないというのにはやはり理由があります。

既読無視は最初からいきなりされるのではなく、何日か(何通か)やり取りをした後にされてしまうことが多いです。

つまり、やり取りのなかで女性に既読無視をさせてしまうトリガー(要素)があったということ。

ここからは既読無視に繋がる男性側がやってしまいがちなミスを紹介していきましょう。

1,自分の話しかしない

まず前提として人は生まれながら「自分を認めてもらいたい」「話を聞いてもらいたい」という承認欲求を持っている生き物です。

女性は特にこの感情が強く「自分のことや日々のあったことを聞いてもらいたい」という欲求を持っています。

しかしそういった女性に対して、女性の話を聞かずに自分の話ばかりする男性は「人の話を聞かない人」、「私のことを理解してくれない人」と女性側には映ります。

例えば

「今日の昼飯はカレー♪」

「今日は残業で帰りが遅くなりそう(´;ω;`)」

「今日は休みだからドライブ中〜」

など、

まだあまり良く知らない男性や興味や好意を持っていない男性からいきなりこういったLINEが送られてきたらどう思うでしょうか?

興味がない人のプライベートは別に知りたくありませんし、わざわざ興味のないことに対して返信するのは面倒くさいだけなのです。

興味のない人から興味のないLINEが繰り返し送られてくる…最初は申し訳無さから返信していたが、一向に止む気配がない…想像しただけで苦痛ですよね。

この苦痛から逃れるために女性側は返信をしなくなります。

男性側からすると気になる女性に自分のことを知ってもらいたいという気持ちがあって自分のことをついつい話したくなるのは分かるのですが、順番が間違っているのです。

まずは相手の女性の話を聞いてあげましょう。

「この人は話を聞いてくれる」

「この人は私を理解してくれる」

女性にそう思ってもらうことが先です。

男性自身の話は女性に好意を持ってもらってからでいいのです。

2,質問攻め

先程の「①自分の話しかしない」のと真逆のパターンです。

相手の女性のことが気になってしまい相手に質問を繰り返してしまう男性もいます。

「出身はどこなの?」

「東京です。」

「1人暮らし?」

「はい。そうです。」

「兄弟とかいるの?」

「姉が1人います。」

「週末は何してるの?」

「服とか買い物に出かけることが多いです。」

「仕事は何してるの?」

「…」

自分の話ばかりするのも既読無視の原因になりますが、相手のことを知ろうとして質問攻めにしてしまっても同じく既読無視に繋がってしまいます。

相手のことを知ろうとすること自体は関係性を深める上でよいことなのですが、この場合は質問されている女性側は尋問されているのと変わりません。

関係性が深まるどころか恐怖心を感じてしまう人もいるでしょう。そして、やはり面倒です。

コミュニケーションは会話のキャッチボール。

自分のことを話そうが、相手のことを聞こうとしようが、一方的なものは相手に不快感を与えるだけなのです。

バランスを意識しましょう。

3,長文のメッセージ

基本的に人は「返報性の原理」といって相手にされたことと同じことを返そうと思う心理があります。

なのでメールやLINEのやり取りの際にはこの心理が働き相手と同じ文量で返信する傾向があるのです。

この心理自体は誰もが持っているものなので特に問題はないのですが、

例えば、

「今日はありがとうございました。

帰りが遅くなってしまい申し訳ありません。

一日歩いてお疲れだと思うので簡単に感謝の気持ちを伝えたいと思います。

今日は◯◯さんとデートが出来て本当に楽しかったです。

最初に行った水族館は魚の綺麗さに驚きましたね。

夕食で行ったレストランもオシャレで、

評判通りパスタが美味しかったです。

素敵なお店を教えて頂きありがとうございました。

◯◯さんは他にもお店をたくさん知っていて関心すると共に

自分もこれからはお店を巡って穴場を見つけたいと思います。

それと◯◯さんは映画を観るのがお好きということなので、

次はぜひ映画を一緒に観に行けたら嬉しいです。

今日は本当にありがとうございました。」

 

というような長文のメーセージが何度も送られて来たら女性はどう思うでしょうか?

女性側は「こちらこそありがとうございました。」とは返せませんよね。

文面を考えてある程度の文量で返信するはずです。

1回だけならまだしも毎回毎回このような長文のメッセージが送られてくると返信する側は疲れてしまいます。

「また長文だ…こっちも文章考えて送らないと」といったように一種の義務感を感じてしまい、次第に「後で考えて送ろう」になります。

そうすると徐々に放置する時間が増えていき、最終的には長文を読むことが苦痛になり、既読無視という形になってしまうのです。

相手の女性に想いを伝えたいという気持ちは分かるのですが、文量が多すぎると相手は返信の際に負担を感じてしまいます。

相手と同じ文量で返そうとする気持ちが返信のハードルを上げてしまい、次第に既読無視になってしまうのです。

 

また文章の読みにくさも既読無視の要因の1つになります。

ただでさえ長文なのに、段落がなかったり改行をしなかったりすると読み手に苦痛を与えてしまいます。

例えば先程の文章ですが、段落と改行を無くした場合

「今日はありがとうございました。帰りが遅くなってしまい申し訳ありません。一日歩いてお疲れだと思うので簡単に感謝の気持ちを伝えたいと思います。今日は◯◯さんとデートが出来て本当に楽しかったです。最初に行った水族館は魚の綺麗さに驚きましたね。夕食で行ったレストランもオシャレで、評判通りパスタが美味しかったです。素敵なお店を教えて頂きありがとうございました。◯◯さんは他にもお店をたくさん知っていて関心すると共に自分もこれからはお店を巡って穴場を見つけたいと思います。それと◯◯さんは映画を観るのがお好きということなので、次はぜひ映画を一緒に観に行けたら嬉しいです。今日は本当にありがとうございました。」

 

このように読みずらくて読むこと自体がストレスですよね。

実際にこのように段落も改行もなく女性に長文を送っている男性がいます。

LINEは読む側の気持ちになって文章を送るようにしましょう。

4,すぐに返信が来る

日中でも夜中でも関係なく女性が返信をすると数分後にすぐに返信をしてくる男性がいます。

仕事では連絡のマメさが評価されるかもしれませんが、こと恋愛においてはマイナスに働いてしまうことの方が多いです。

「③長文のメッセージ」で返報性の原理をお話しましたが、これは文量だけではなく返信する時間にも当てはまります。

つまりすぐに返信がきたら女性側も「すぐに返信しなきゃ」と思う傾向があります。

そしてこの状態が続くことで次第に「すぐに返信しなければいけない」という一種の義務感を生み出します。

しかし、返信が義務化されてしまうと非常に疲れます。

「早く返信しなきゃ」という思いが先行してしまい、プレッシャーに疲れてしまった結果、既読無視に繋がることになってしまうのです。

またすぐに返信が来ることで女性側に

「この人は暇なのかな?」

「仕事をサボっているのかな?」

「一緒に遊ぶ友達がいないのかな?」

「ずっと私の返信を待ってるのかな?」

といったマイナスなイメージを与えてしまうこともあります。

男性側からすると女性から返信が来た嬉しさですぐに返信したくなる気持ちも分かるのですが、女性側に負担がかかるような返信スピードはやめておきましょう。

5,返信を催促する

女性が未読の状態や、既読になってから返信が遅いと

「何かあったの?」

「おれ、何か気に障るような事言った?」

といった返信を催促するLINEを送る男性がいます。

はっきり言ってこれは最悪ですので絶対にしないようにしましょう。

例えば相手の女性

・相手の女性が忙しくて返信出来ない状況だった

・返信の内容を考えていた

・返信するのが面倒になっていた

などが考えられますが、どの場合でも相手の返信を催促する行為はマイナスにしかなりません。

返信を催促する行為はそのまま余裕がない男性という認識に繋がってしまい、男性の評価がガタ落ちします。

「余裕がない」と女性の目に映ってしまうと一気に恋愛対象から外されてしまうこともあります。

それほどまでに男性における「余裕」の要素は重要なのです。

また稀に女性側が本当に返信を忘れていたという場合がありますが、興味のある男性や好意を持っている男性であれば履歴を見返したりするので、忘れたままになることはまずありません。

返信を忘れられるということは今の段階では興味がないということです。残念ですが現実を受け入れましょう。

6,距離感を間違えている

まだ女性との関係性が浅い段階で恋人のような内容のLINEを送っている男性がいます。

例えば毎日のように

「おはよ〜」

「おやすみー」

「可愛い〜」

「好きだよ」

このような距離感を間違えている内容のLINEは、一気に冷めてしまう要因になります。

これは女性側からすると「何勘違いしてるんだろう?」という思いから最終的に「気持ち悪い」となり既読無視に繋がってしまいます。

男性側の気になる女性とLINEのやり取りを続けたい、好意を伝えたいという気持ちは分かりますが、相手の熱がない状態でこちらの気持ちをぶつけても空回りしてしまうだけです。

LINEのやり取りは相手の熱量を見極めることも重要になります。

7,恋の駆け引き

ここまではネガティブな理由で既読無視されるパターンを紹介してきましたが、逆に女性側から好意を持たれているがゆえに既読無視されるパターンもあります。

かなり稀ではありますが、既読無視をすることで男性側の感情を揺さぶり頭の中をその女性で埋める目的があります。

この場合は一種の恋の駆け引きで、必ず女性から返信があるので、落ち着いて待っていましょう。

ただこういった駆け引きをしてくる女性は恋愛経験が豊富な場合が多いので、手玉に取られないように気をつけて下さいね。

既読無視への対処法

次の女性へアプローチする

一度既読無視をされてしまったら、関係性が戻ることはまずないと思いましょう。

女性が意図的に既読無視をするということは、その人とはもう関わりあいたくないと判断したということです。

こうなってしまってはどんなメッセージやスタンプを送っても関係性の修復は困難です。特に返信を催促するメッセージなどを送ったらなおさらマイナスになってしまいます。

一番おすすめなのはその女性にいつまでも執着せずに、次の女性にアプローチすることです。

時間は有限です。可能性のない女性にアプローチし続けるのではなく、今回の既読無視の経験を次に活かすようにしましょう。

時間を置く

それでもどうしてもその女性が諦めきれないという人もいると思います。

またアプローチしたいというのであれば、せめて期間を置きましょう。

具体的には1〜2ヶ月ほど期間を空けて何気ないLINEを送ってみましょう。

期間を空けることで男性へのネガティブなイメージが薄れていき、女性から返信が貰える可能性が高くなります。

この場合も次の女性にアプローチしながら機会を伺いましょう。

最後に

今回は女性に既読無視をされてしまう7つのパターンとその理由をお伝えしてきました。

普段のあなたが行っているやり取りに当てはまっている項目はあったでしょうか?

もしあったのなら今日から改善してみて下さいね。

女性が既読無視をしてしまう大半の理由は面倒さと義務感によるプレッシャー疲れが大きな部分を占めます。

関係がまだ深まっていない状態でLINEをやり取りするのであれば、相手の女性の立場にたったやり取りを心がけましょう。

 

既読無視と似ているようで全く違う未読無視についてはこちら
【未読無視】LINEの未読無視に潜む女性の心理とは?


IDで登録する場合は「@otz8835g」で友だち追加をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。