【本音】女性のデートの断り方3パターン。そこから見えてくる女性の本音とは?

モテる男性は女性の言葉の本当の意味を理解しています。

その最たる例はデートに誘った時の女性の反応と言葉です。

デートの誘いを断られたとしても

・女性がデートに行きたがっているのか?

・それとも理由を付けて断ろうとしているのか?

次へ繋げるために女性の言葉の裏に隠された本音を理解しておく事が重要です。

同じ「断る」という行為でもその裏側には様々な本音が隠されています。

一つずつ詳しく見ていきましょう。

女性のデートの断り方3パターン

①女性がデートに行きたいと思っている場合

まず1つ目のパターン。

例えば女性があなたに好意があってあなたとデートに行きたい、行ってもいいと思っているが本当に都合が悪くて行けない場合。

この場合は必ず具体的な別の日程を提案してきます。

「今週の日曜日は仕事があるので、来週の日曜日はどうですか?」

といった具合です。

 

多くの女性にとって恋愛の優先順位は高く、どんなに忙しかったとしても好意を持っている男性のためなら

・仕事を早く終わらせて

・睡眠時間を削って

・友人との約束をキャンセルして

時間を作ります。

もの凄く多忙な人気アイドルだって時間の合間を縫って会いに行ってるくらいですから。

その男性がまた誘ってくれるという保証はないのでせっかくのチャンスを逃したくないというのが本音です。

なので、本当に忙しくてこちらが指定した日が駄目だとしても会いたいという気持ちがあるのなら別の日を提案してくるのです。

あなたに少しでも好意を持っているのであれのば、必ず具体的な日程を提示してきます。

②女性があなたとデートに行きたくないと思っている場合

2つ目は、先ほどの例とは逆で

「仕事が忙しくて時間がない」

「既に予定がいっぱいで埋まっている」

「最近体調が悪くて」

などの理由を付けて断り、日程を提示してきません。

 

または既読無視などで返信がない場合も同様です。

これは残念ですが女性はあなたとのデートに乗り気ではありません。

つまり「あなたとデートに行きたくない」と言うのが本音。

 

女性は波風を立てたくないのでデートの誘いを断る時ははっきりと断るのではなく相手を傷つけないようにやんわりと断ります。 

ここで女性のこういった言葉を真に受けて

「それじゃいつなら大丈夫そう?」

と何度もしつこく日程を詰めてしまうと音信不通といった事態になってしまう事もあります。

相手の気持ちを理解せずに自分の「会いたい」という気持ちを優先するような男性に自分を大切にしてくれるというイメージは持てませんよね。

上記の断り文句とともに別日の提案がない場合残念ですが今のあなたは脈無しと判断した方がいいでしょう。

これはその女性の中であなたの優先順位が限りなく低い、もしくは低くなってしまったという事です。

女性の中であなたと過ごすより他の男や友人との時間や趣味に時間を費やした方がいいと判断されたという事でもあります。

・強引に連絡先を交換してしまった

・第一印象が悪かった

・会話がつまらなかった

・女性の話を聞いてあげなかった

・デートで行く場所を決めていなかった

・デートでお店を予約していなかった

・会計を割り勘にしてしまった 

理由はあなたの行動のどこかにあります。

この場合は何が駄目だったのかを分析し、一度引いて期間を空けた方がいいでしょう。

③「友達も一緒」のパターン

そして、3つ目が、「他の友達を連れて行ってもいいですか?」という条件付きの提案です。

この提案にはいくつか意味があります。

2人きりで会うのには抵抗がある 

この場合は友達も一緒にという条件付きではありますが、会う事自体はいいよという事です。

女性側からすると異性としてではなく友達として見られています。

ただその結果次第では後で2人きりで会う事も可能になります。

面倒臭いと思うかもしれませんが、その女性との距離を縮めたいのであれば、一度友達も含めて会って挽回を狙ってみましょう。

恋愛経験があまりなく2人で会うことが不安

これはかなり稀なパターンですが世の中にはこういった女性もいます。

これはあなた自身がどうとかいう話ではなく恋愛経験がなくて「どうしていいか分からない」というのが本音。

この場合も一度友達も含めて会ってワンクッションを入れてみた方がいいでしょう。

 

ただし、ここで1つ注意点があります。

例えば「どうしても2人で会いたい」と言って女性の提案を無視して無理やり2人きりで会うという流れにした場合。

「相手の事考えてくれない人なんだな」

「下心があるのかな?」

という印象を女性に与えてしまい会う事自体が出来なくなってしまう可能性が高くなります。

こういった提案が女性から出てきた以上、その女性を落としたいのであれば相手の提案は受け入れた方がいいです。

むしろこういった女性の方が、付き合ってから一途に尽くしてくれるものです。

このような女性がいることやワンクッションを挟む距離の詰め方も覚えていきましょう。

最後に

ここまで女性のデートの断り方3パターンを紹介してきましたが、正直なところ何度もデートを断られるという状況になってしまったら挽回するのはかなり困難です。

その場合は、その女性にいつまでも固執するのではなく次の女性に行った方がいいでしょう。

モテる男性は「引き際を熟知しており切り替えが非常に早い」という特徴があります。

そして、常に駄目だった部分を分析し改善していきましょう。

恋愛で失敗しやすい要因の1つは「一人の女性に固執し過ぎる事」 です。

時には引く事も戦略だということを覚えておきましょう。

もし女性にデートを断られてしまった場合はこちらの記事を参考にしてみて下さい。
【お断り】デートを断られてしまう男性の特徴11パターンとその理由


IDで登録する場合は「@otz8835g」で友だち追加をお願いします。

2 件のコメント

  • こんにちはナオキです。
    女性をデートに誘うと相手によっていろいろな
    反応がありますよね。
    私も以前連絡先を交換した女性をデートに誘った
    時に「友達を連れてきてもいいですか?」と聞かれ
    カットなって断ったことがあります。
    しかし、友達を連れてくること自体2人だけのデート
    は無理だとばかり思っていたのですが、相手の女性が
    とりあえず様子を見てその後のデートに2人だけで応
    じてくれる可能性があるとは知りませんでした。
    早速私も参考にさせていただきます。
    役立つ情報をありがとうございました。
    今後ともよろしくお願いします。
    応援ポチッ

    • ナオキさん

      コメントありがとうございます。

      「友達を連れてきてもいいですか?」

      せっかくデートに誘ったのに
      相手からこういった返答が来たら
      誘った側からすると少しがっかりしてしまいますよね。

      まれに断り文句でこのフレーズを使ってくる女性もいますが
      ほとんどは「どんな人なのかまずは様子を見てみたい」というパターンです。

      もちろん時間をかけたくなかったり
      その女性にそこまで思いがないのであれば
      こちらから断って別の女性にアプローチしてもいいと思います。

      ですが、もしその女性を落としたいなら、
      そして彼女にしたいのなら、多少時間はかかりますが、
      相手の提案を受け入れて最初のデートは友達も含めて楽しみましょう。

      また、相手を見極めるために
      すぐに2人では会わない女性というのは
      “軽い女性ではない”ということの裏返しでもあります。

      距離を縮めるまでには時間はかかりますが
      距離さえ縮めてしまえば
      一途に尽くしてくれる女性が多いです。

      恋愛には“焦り”は禁物です。
      時には時間をかけてじっくりアプローチしていくことも必要になってきます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。