【胸キュン】恋の始まり!女性が思わず“キュン”としてしまう特別な瞬間4選

恋愛には様々な形がありますが、女性が胸のときめきを覚えたらそれは恋の始まりとなります。

男性のちょっとした気遣いや何気ない仕草、タイミングで女性は思わず胸がキュンとしてしまうことがあるのです。

そしてモテる男性はこの瞬間を把握していて、女性の感情を上手く揺さぶっているのです。

女性が思わずキュンとしてしまう瞬間はたくさんありますが、今回はその中から厳選して4つお話していきます。

あなたも女性が思わずキュンとしてしまう瞬間を理解して、実践で上手く活用していきましょう。

女性が思わずキュンとする瞬間4パターン

プラスのギャップを見た瞬間

おそらく最も女性がキュンとすることが多いのがこのギャップです。

男性の意外な一面がふと垣間見えた時にキュンとときめいてしまう女性はたくさんいます。

 

相手の意外な一面を見るということは、今まで予想していなかったことが起こったということです。

人は想像を超えた出来事があると忘れられずに記憶に残ります。

そして、その際の二面性の差があればあるほど、その印象は強烈に残り、やがて魅力に変わって頭から離れなくなるのです。

 

昔から不良やヤンキーはモテると言われていますが、このギャップがその要因の1つでもあります。

見た目はガラが悪そうで怖そうなヤンキーが、実は礼儀正しく規則を守っていたり、裏では優しかったりするとそのギャップに女性はキュンとするのです。

このようにマイナスからプラスへのギャップは女性の目には魅力的に映ります。

 

ただしここで注意したいのがプラスからマイナスへのギャップです。

見た目はスーツでビシッときめているのに、挨拶が出来なかったり、マナーがなかったりすると、これも女性の目にはギャップとして映ります。

この場合は想像していた姿を下回ってしまうことになり、肩透かしをくらったようなガッカリした気持ちになってしまうのです。

同じギャップでもこういったマイナスのギャップは逆効果になってしまうので注意しましょう。

強烈な男性のギャップの作り方に関してはこちら
【ギャップ】女性の心を虜にさせる強烈な男性のギャップの作り方

下心がないさりげない優しさを感じた瞬間

女性に優しく接することは大事ですが、そこに下心が感じられてしまったら逆効果です。

女性から「この人は私を狙ってる」、「なんかいやらしい」と思われてしまったらいたずらに警戒心を与えてしまうことになります。

ポイントは自然に、そしてさりげなく

こういった気遣いをされたり、レディファーストをしてもらった時に女性は思わずキュンとします。

ワンランク上のエスコートの仕方はこちら
【エスコート】女性を喜ばせるワンランク上のエスコートで他の男性と差をつけよう!

スキンシップをされた瞬間

これは女性にある程度好意を持ってもらっていることが前提になりますが、やはり肌と肌が触れるスキンシップにキュンとしてしまう女性が多いです。

特に初デートの帰り道など、楽しい一日を過ごした後で女性の気持ちが盛り上がっている時に、さりげなく男性に手を繋がれるとキュンとします。

これは男性でも同じですよね。

ただし、相手の女性にまだ好意を持ってもらっていない場合は逆効果になってしまうので注意しましょう。

女性とグッと距離を縮めるスキンシップの仕方はこちら
【スキンシップ】女性との距離をグッと縮めるおすすめの段階式スキンシップ

体調不良などで弱っている時に優しくされた瞬間

恋愛はタイミングなんて言葉がありますが、特に女性がキュンとするタイミングがあります。

それは体調不良などで弱っている時です。

これは本当に恋に発展しやすいタイミングなのですが、自分が弱っている時に気にかけてくれたり、優しくしてくれる男性に女性は頼りがいを感じキュンとします。

 

例えば女性が風邪をひいていたのでれば、体調を気にかけてあげたり、栄養ドリンクやスポーツドリンク、ゼリーなどをさり気なく差し入れをしたりします。

これは仕事などの残業で疲れている女性に対しても効果的です。

見方によっては少し酷い言い方になってしまいますが、恋愛という観点から考えると女性の体調が悪い時や弱っている時は大チャンスなのです。

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は女性が思わずキュンとしてしまう瞬間の中で厳選した4つをお話してきましたが、女性をキュンとさせることはそんなに難しいことではありません。

恋愛は相手をキュンとさせたもの勝ちです。

今回の内容をしっかりと理解し、積極的に自分から行動して意中の女性をドキドキさせましょう。


IDで登録する場合は「@otz8835g」で友だち追加をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。