【会話】男女が「会話」に求めるものの違い

あなたは普段から適切なコミュニケーションを取れているでしょうか?

「僕は人と話すのが好きだから」

「僕は社交的だから」

そう言って得意気に女性と話している男性。

しかし、話を聞いている女性は終始退屈そうにしていて場所を移動したい様子。

話す事に夢中な男性は女性の「退屈している」というサインにも気付けない。

実はこういった一方的なコミュニケーションを取る男性はかなり多いのです。

あなたの周りにもいるのではないでしょうか?

恋愛におけるコミュニケーションの中でも重要になってくるのが「会話」です。

会話は男女の関係を進展させるにあたって必須になってきます。

自分のことだけを話して満足しないように

当たり前ですが、会話と言ってもむやみやたらに話をすればいいというものではありません。

私の経験上モテない男性に共通しているのが「人の話を聞かず、自分の話しかしない」という事。

・相手に質問をしない

・自分の自慢話ばかり話してくる

・頼んでもいないのに自分の写真を見せてくる

・自分の仕事の愚痴ばかりを話してくる

モテない男性達はこれらをコミュニケーションと称しています。

そして 「僕は…、僕は…、」というのが口癖で話を聞いてくれる女性を捕まえては、自分の話を一方的にして満足しているのです。

本来会話はお互いに言葉のキャッチボールをしながらやり取りをするもの。

大して興味のない人の話を一方的に聞かされる事ほど退屈でストレスに感じる事はありません。

学生時代の朝礼で校長先生の長い話は苦痛でしたよね笑

「まずは興味をもって相手の話を聞いて、相手に気持よく話してもらう」

しっかりとしたコミュニケーションにはこの意識がベースにあります。

男女が会話に求めるもの

ここからはベースが出来ている事を前提として話を進めていきます。

そもそも男女では会話に求めているものが根本的に違うのです。

ここを理解していないと

「私の話を聞いてくれない人」

「私の事を理解してくれない人」

という烙印を押されてしまうので注意しましょう。

例えばあなたが女性と会話をしている時に

「結局この子は何が言いたいんだ?」

「結論は?」

と思った経験はないでしょうか?

男性は主に「問題解決の手段」として会話を使い、女性は主に「コミュニケーションの手段」として会話を使います。

つまり男が会話に「結論」を求めるのに対し、女性は会話に「会話自体を楽しむ事」を求めるのです。

これは男性が合理的で女性が感覚的と言われる所以でもありますが、男性からすると女性の会話は結論が見えず遠回りしている印象を受けます。

例えばここであなたが女性の会話にイライラして

「結局何が言いたいの?」 

「結論を先に言って」

などと言ってしまっては女性はあなたに対して

「理解してくれない」

「会話を楽しめない」

という印象を持ってしまいます。

女性は会話自体を楽しむ生き物だという事を理解し、女性の話を「うんうん」と笑顔で聞いてあげる寛容な心が必要になってくるのです。

またこの男女の感覚のズレは、会話だけでなくメールや電話においても存在します 。

男性はメールや電話を「道具的なツール」として捉え、用件だけで済ます傾向があります。

しかし、一方で女性はメールや電話を「コミュニケーションツール」として捉え、好きな人とメールや電話をする事で精神的な繋がりを求める傾向があるのです。

この男女の感覚のズレは付き合う前もそうですが、特に付き合い始めてから実感する事になるでしょう。

こういった女性の感覚を理解し、実践する事で

「この人は私の話を聞いてくれる人」

「この人は私の事を理解してくれる人」

といった印象を女性に与える事ができ、距離をグッと縮めることが出来ます 。

会話が苦手だという人は

「男女で会話に求めているものが違う」

「興味を持って相手の話を聞いて、相手に話してもらう」

まずはこの2つを常に意識しましょう。

これだけでも驚くほど会話の流れが変わってくるはずです。

あなたは絶対に女性に一方的に話をして満足するような男性にならないようにしましょう。


IDで登録する場合は「@otz8835g」で友だち追加をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。