【注意】女性の言う「優しい男性が好き」を信じてはいけない3つのワケ

「私、優しい男の人が好きなの」

女性はよく「好きなタイプの男性は?」と聞かれた時にこのような回答をします。

しかし、これは決して信じてはいけません。大抵は嘘です。

厳密に言うと、嘘というわけではありませんが、かといって本音でもありません。

これを安易に信じてしまう男性は「女性にとって都合の良い男」になってしまいます。

あなたは「優しいね!」と言われて浮かれているような単純で安い男になってはいけません。

真実その1:「優しい」とは便利な言葉である

「優しい人が好き」

ありがちでありながら無難な回答です。

そう答えて嫌な印象を受ける男性はいません。

まず女性は自分のイメージを物凄く大切にします。

・本当はイケメンが好き

・お金を持っていて私に使ってくれる人がいい

・年下は無理

仮に心の中でこんな事を思っていたとしてもそうそう口には出しません。

そのため万人受けし、相手に嫌な印象を与えない受け答えになってしまうのです。

真実その2:自分にとって都合の良い男を見極めている

そもそも「優しい人が好き」という言葉の裏には「私にとって」という枕詞が抜けています。

そう、女性は誰にでも優しい男性ではなく「自分にだけ優しい男性」、「自分だけを特別扱いしてくれる男性」が好きなのです。

ですが、そこであなたが過剰に優しくするようなことがあれば、その瞬間にあなたは女性の潜在意識の中で「無し」と判断されてしまいます。

まだ関係性が出来ていない段階で男性が優しくすると

・この人は下心がある

・私に好かれたいんだな

・すぐに優しくしてきて…ちょろいな

と女性に思われてしまいます。

表面上はニコニコしているが心の底ではそう感じているのです。

逆に言えば「優しい人が好き」と言うことで「本当にこの男性は自分にとって価値がある男か?」と判断する機会を女性が作っているとも言えます。

本人達がそれを意識しているかどうは別の話ですが、本能レベルでそれを女性は理解しています。

言うまでもありませんが、あなたが価値ある男性と思われたいのなら女性に媚びへつらったり、必要以上に優しくしないようにしましょう。

真実その3:女が実際に付き合ってきた男性は本当に優しいか?

これが最も重要な事なのですが、事実として「その女性がこれまでに付き合ってきた男性は本当に優しいのか?」という部分に目を向けてみて下さい。

確かに口では「優しい人が好き」や「○○な人が好き」と女性は言います。

しかし、その女性が本当に優しい(○○な)男性と付き合ってきたのか?というと大抵の場合「好きな男性のタイプ」と「付き合ってきた男性のタイプ」はほぼ一致しないと言っていいです。

「優しくて、知的な人が好き」と言っている女性が色黒で、筋骨隆々としたガテン系の男性と付き合っているケースはたくさんあります。

それだけ女性の「言葉」「行動」は一致しないし、仮に一致していたとしても、本音を安易に漏らすようなヘマは決してしません。

なので、あなたが目の前の女性と距離を縮めたいのであれば、「事実としてこれまでその女性はどのような恋愛をしてきたのか?」という部分に意識を集中させなければいけません。

もちろん、すぐに本音やこれまでの恋愛話を全て聞き出そうとしてもそれは女性にとって警戒の対象です。

「いかに上手くその女性の過去を知るか?」というテクニックが恋愛においては非常に重要になってくるのです。

これはまた別の機会にお話していこうと思います。


IDで登録する場合は「@otz8835g」で友だち追加をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。